映画から英語を勉強するポイント

映画から英語を勉強するポイント

現代の日本ではさまざまな映画が上映されており、その多くがDVDやBDといった形で販売されています。

 

映画からは時として人生を変えるほどのさまざまなことを学ぶことができるですが、それと同時に勉強できることとなっているのが英語です。

 

もちろんロシア語のものや中国語のもの、日本語のものだとそういったことは難しいのですが、少なくともハリウッドなどで作られた映画であれば英語を使って制作されていることがほとんどです。

 

では映画でこういったことを勉強するにはどうすれば良いのかというと、これは二つの方法が考えられます。

 

まず一つ目が「音声から学ぶ」という方法です。
これはいわゆる字幕の状態、つまり日本語の字幕を表示しつつ俳優の本来のセリフを聞くという形になります。
セリフをしっかり聞きながら日本語の字幕を追っていけば、聞こえてくる言葉の和訳をみつつ、元々の文章を想像するというようにして学ぶことができるでしょう。

 

ですがこれよりも効果的なのが「英文の字幕を読む」という方法です。
これはDVDやBDだと収録されていることが多く、吹き替え音声を効きながら字幕を追うという形にすると、日本語を英訳した時の文章を自然に見ていくことができるようになります。
集中して英文の構成を見ていくと、まさに「生きた英文」を学ぶことができるのです。
時折「音声と字幕両方を英語にする」という形で学ぶ人もいますが、これは慣れてからの方が無難です。

 

全く別の言語を学ぶのにはそれなりに手間もかかりますから、ゆっくりステップアップしていきましょう。